その他にもある色々な移動手段

基本となる移動手段とは

沖縄には首里城や美ら海水族館など見所がたくさんありますが、移動手段には注意が必要です。
沖縄旅行での移動手段は一般的にはレンタカーを利用することができます。他にも、バスやタクシーなどで移動することができ、那覇市内であればモノレールを使って移動するということも可能となっています。
しかし、それぞれメリットだけではなくデメリットもあるため、それを理解してから利用することが大切です。
一般的なレンタカーは、行きたいところに自由に移動することができるということが挙げられます。好きな時間に好きな場所に移動できるメリットは大きいですが、沖縄の道路は石灰岩を含むアスファルトが多く雨の日には滑りやすいため運転には注意します。

その他の移動手段のメリットデメリット

沖縄はバスの路線網が発達しているのが特徴です。バスで旅行するなら特にオススメなのがバスツアーの利用になります。観光バスであれば4つのコースが用意されており、1日かけて有名な観光スポットを巡ることが可能となっています。
ただし、普通のバスを利用する場合には目的地まで時間がかかったり、渋滞が発生すると到着時間が遅れてしまうというデメリットがあるためスケジュールを立てにくいため注意が必要です。
渋滞の心配がないのがモノレールです。那覇市内だけですが、観光地にアクセスしやすくなっています。また景色が良いというのも魅力です。ただし、那覇市外は運行されていないため他の移動手段が必要となります。
観光タクシーも近場なら便利ですが、長距離を移動すると高額になってしまうというデメリットがあります。

与論島の旅行ではダイビングが体験でき冬でも21度前後気温があるため一年中ダイビング可能です。時期によっては幻の白い砂浜なども見ることができます。鹿児島県最南端で那覇空港から約35分で行けます。