自由度が高い?レンタカーでの移動

沖縄は鉄道網がほとんどありません!

国内トップクラスの人気を誇る沖縄旅行ですが、沖縄県内の観光地を移動する場合、どのような移動手段が便利なのでしょうか。石垣島や八重山諸島など県内の島々を移動する場合はフェリーや飛行機を利用しますが、県内最大の本島内を観光するには、陸路の移動が欠かせません。本島の面積は2281平方キロメートルで東京都とほぼ同じです。人口は約135万人で東京都の7分の1と人口密度が低く、県庁所在地の那覇市の人口は31万人です。本島の地形は大半が丘陵地や台地で占められていますが、電車や地下鉄などの鉄道網がほとんど発達していないという特徴があります。那覇市内には沖縄空港駅と首里駅を結ぶ沖縄都市モノレール線(ゆいレール)があるものの、旅行者の主な移動手段はレンタカーなどの自動車となります。

沖縄本島の移動はレンタカーが便利!

細長い地形の沖縄本島には南部の那覇市や糸満市、中部の宜野湾市や沖縄市、北部の名護市などのまちがあり、首里城や美ら海水族館、美しいビーチなど行ってみたい観光スポットが各地に点在しています。しかしモノレールがある那覇市内を除くエリアには鉄道網が存在しないため、移動手段はバスやタクシー、レンタカー、レンタサイクルとなります。鉄道の代わりにバス路線が発達してはいますが、自由度が低いのが難点です。その点、レンタカーであれば自分達の旅行プランに合わせて好きな時間に、行きたい場所に自由に移動することが可能です。旅行者は利便性の高いレンタカーを選ぶことが多く、自那覇空港周辺には多くのレンタカー業者があります。沖縄旅行を計画するなら、あらかじめ移動手段を検討し、レンタカーを利用する場合は出発前に予約しておくと安心です。